夢は政治家!今は大手保険会社の営業マンの人生記録

( 更新日:2017/10/18)

★転職には自分で応募する以外にもスカウトによるオファーがある!?★

2017年9月26日

転職のスカウトメールとは転職活動と言えば、求人媒体をチェックしたり、転職支援サイトに登録して求人を探してもらったりする方法が現在は一般的です。福岡は都市としての規模も大きく、多くの企業が集まっているのでこの方法でも比較的求人に出会いやすい環境です。しかし、この方法以外にもスカウトによる転職活動があります。上手く活用すれば効率よく転職活動ができ、福岡でも東京に負けない待遇が貰える可能性をも秘めています。スカウトは一般的に企業と転職エージェントの2種類からオファーが届きます。企業は、企業の募集要件などに事前登録しておくと、後から人事担当者が直接連絡してくるパターンです。スカウトメールから応募すると一次面接が免除になるなど特典も用意されており、通常の選考ステップより有利になることがあります。次に転職エージェントからスカウトが届くことがあります。これは提携する企業に見合った登録者に対して転職エージェントがスカウトメールを送る仕組みです。ただし、なかにはダイレクトメールのようにただ単にスカウトと称してメールが届くこともあるので、頻繁にスカウトメールが届く場合は単なる求人広告だと思っておいて良いでしょう。転職エージェントのなかにはヘッドハンティングを武器にしている企業もあるので、スカウトによって転職したい人は事前にそういった人材会社に登録することをおすすめします。あと、スカウトで注意したいのは、オファーがあったからといって必ずしも内定がもらえるとは限りません。書類選考の段階で不採用になるケースだって大いにあり得ます。逆に誘いがあったからといって必ずそこに就職する必要もありません。あくまでスカウトは、自分が知らない企業と出会えたり、転職活動の時間を短縮できたりするメリットが得られることです。もちろん、ヘッドハンティングとなれば高い報酬や待遇が用意されることもあるでしょう。しかし、それは希少なケースであるため、一般的には自分で転職活動をしながら、スカウトメールで良い案件がないか同時に探していくパターンとなります。情報収集の選択肢を広げておけば、良案件に出会える可能性も高まりますので、スカウトメールも活用してみることをおすすめします。

★人気の高い福岡なら知っておきたい転職のベストな時期とは?★

2017年7月27日

転職のベストな時期福岡は最近メディアで注目されることも多く、IターンやUターンで転職を目指す人も増えています。そんな人気の高い福岡で転職を成功させたいなら知っておきたいのがベストな転職のタイミングです。転職者が応募できる通年採用は年間を通じて募集されていますが、欠員補助のような形が一般的なので採用されれば募集はありません。そのため、募集の時期を意識しておかないとタイミングが悪ければ選択肢の少ない状況下で転職しないといけなくなります。福岡でも首都圏と同じように求人が増加する時期というのがあります。したがって、転職の時期を間違えないよう注意しておきましょう。まず、求人が増加する時期は年に2回到来します。2~3月と8~9月です。2~3月の時期は4月の新年度に向けて企業の体制が変化する時期でもあります。そのため、人材が不足しがちとなり中途採用で即戦力となる人材を募集します。8~9月も同じで、下半期のスタートに備えて足りない人材を確保するために活発に求人採用が実施されるのです。普段求人を見ない人気企業であってもこの時期は募集を出していることが多く、転職者にとっては魅力的な求人が揃います。ということは、もちろん応募者も増加するということです。この時期に転職活動を行えば好条件の求人も多いと分かっていますので、周囲も準備をして挑んできます。では、絶対にこの2つの時期が良いかと言えばそうとも言えません。求人数は多いですがその分ライバルの数も多いので、必ずしも有利に転職できるとは限らないからです。では、どの時期が穴場かというと4月から5月です。この時期は、前月までで人材を確保していた企業が多いので求人数は落ち着きます。したがって、余りものしかないと思う人もいるかもしれません。しかし、春に採用したものの人材不足に直面したり、続かずに退職してしまったりする人が出るのもこの時期です。会社側としては、新年度がスタートして事業も進んでいるため、欠員は命取りとなり採用する意欲が高いのはこの時期です。また、4月は働いている我々も新しい取り組みが始まったり、部署が変わったりするなど色々と忙しい時期でもあります。ということは、転職をこの時期にしようと思う人は少ないのでライバルも少ないことになります。したがって、4月か5月に転職活動を行えば採用までスムーズにいくことが期待できます。この時期はゴールデンウイークの長期休暇も利用できるので時間も豊富に活用できて結構オススメだったりします。ぜひ転職活動を検討している人は世間の流れとは違う4月から5月に取り組んでみてはいかがでしょうか。

★女性の転職30歳限界説は本当なの!?★

2017年7月19日

女性の転職女性は結婚すると出産、子育てのライフステージを経験する人が沢山います。企業としては今まで通り正社員として活躍してほしい一方、女性は家庭とのバランスを考えて働きたいという意識のズレが生じます。したがって、女性が転職する場合は30歳を超えると難しくなると巷で言われています。30歳というのは結婚や出産・子育てが現実味を帯びてくる年齢だからです。それに近年は少子化によって若い人材が不足してきています。男女ともに30代よりは20代を好む風潮になっているようです。この30歳限界説が一般的に浸透しているのか、女性の転職者の平均年齢は29.6歳(DODA調べ)です。30歳になるまでに転職をするといった流れがあるようです。では、本当に30歳を過ぎると転職は厳しくなるのでしょうか。これは、採用する会社の方針にもよりますが、基本的に優秀な人材であれば20代であろうと30代であろうと変わらないという会社も多いです。その代わり、30歳を過ぎると男女関係なく、これまで培ってきた経験やスキル、実績などが重視されてきます。つまり、未経験の職種に挑戦するなら20代が求人も豊富でおすすめということです。年齢の若さで勝負するか、経験値で勝負するかということです。ただし、出産や育児で転職を考えている人は今後のキャリアプランは慎重に検討しましょう。転職するとただでさえ慣れない環境下で働くことになります。それに育児がのしかかってくるため、仕事と家庭との両立が今まで以上に困難になります。最終的に仕事を継続することを断念する人もいるので、転職のタイミングは慎重に見極めましょう。出産を望む人は仕事を慣れたからのほうが良いので、1、2年前には転職を行いましょう。既に育児と奮闘中の人は、正社員に固執せずに契約社員や派遣、パートなども選択肢に入れて働く事も選択肢の1つです。以前よりも女性の社会進出は容易になりつつあります。30歳だからと転職を諦めずに柔軟な思考で新しい職場を見つけてみてはいかがでしょうか。

★福岡にある企業の年収ランキング!転職するならやっぱりこだわりたい!★

2017年6月12日

福岡の企業の平均年収福岡は、九州第一の都市だけあり、有名企業の求人案件もたくさんあります。自分のこれまでのキャリアを活かし転職する場合、優先したい条件は人によって様々です。希望する職種で働きたい、福利厚生が充実している、有名企業などがあげられますが、やはり気になるのは給与事情ではないでしょうか。やはり生活していくうえで1万円でも多くの報酬が貰えるのは魅力的です。そこで今回は、福岡にある企業の年収TOP3をランキング形式で紹介していきたいと思います。希望していた企業が該当しているなら転職のエントリー提出必須ですね。

まず第3位は、福岡県福岡市中央区に本社を設置する三井松新産業です。三井グループおの一社で、海外で炭鉱事業を行う会社です。長崎県松島で創業し、現在は国内の炭鉱経営からは撤退していますが、オーストラリアやカナダ、インドネシアといった海外での炭鉱事業に活路を見出し、発展してきた経緯があります。社員の平均年収は851万円とサラリーマン平均年収の2倍の額を誇っています。

第2位は、新卒生からも人気の高い2007年設立のふくおかファイナンシャルグループです。全国屈指の有力地銀の1行である福岡銀行と熊本の第二地銀である熊本ファミリー銀行、長崎県の親和銀行が傘下に入っています。また、長崎の十八銀行も傘下に入る予定で現在進められている九州の巨大金融グループです。平均年収は853万円と高いだけでなく、平均勤続年数は22年と他社に比べて長いのが特徴です。勤続年数が長いということは、それだけ働きやすい環境が整備されている証拠でもあり、転職先としても人気です。

そして、福岡で最も平均年収が高い第1位の企業はRKB毎日放送で、平均年収は1000万円超えの1221万円です。マスメディア業界は高い傾向にありますが、首都圏のテレビ局に匹敵する高水準となっています。RKB毎日放送は、TBSネットワークの地方テレビ局です。女性社員も多く活躍している企業ですが、それだけ優秀な人材も多いようです。マスコミやテレビ局といったメディア業界は人気が高く、競争も激しい分、報酬面など待遇も恵まれているのが特徴です。

★福岡が熱い!ITベンチャー企業が集まり転職市場も活況!★

2017年3月3日

アソウ・ヒューマニーセンター福岡は、九州最大の都市であり、アジアにも地理的に近いことから多くの企業が昔から集まっています。もともとソフトバンクの創業地であり、妖怪ウォッチを代表するレベルファイブなど優秀なIT企業が多く集まることで有名でした。最近は国家戦略特区として福岡市が選ばれたり、市も特区ロジェクトとして独自の支援を行っていることから、近年はLINEをはじめ多くのITベンチャー企業が東京や海外から集まっています。そのため、雇用も積極的に創出されており、転職市場も好調です。企業側も多くの大学や専門学校が集まる福岡では、若くて優秀な人材が確保できると期待されており、職種や業種も多岐に渡っています。実際に15歳から29歳の人口増加率は政令都市中でNo.1を誇っています。そのため、福岡で転職を考えている若い人は、他県に比べて豊富な求人案件が理想の職場を見つけることが可能です。特に求人が多い職種は、エンジニアやプログラマー、デザイナーなどクリエイティブ系が目立ちます。転職だけでなく、新卒や第二新卒も多くあるのでやはり若い世代には魅力的です。東京や大阪に比べて生活費も安く、食べ物も美味しいと評判の福岡をぜひ検討に入れてみることをおすすめします。UターンやIターンで福岡の転職を考えているのであれば、時間や地理的な制約もあるので転職支援を依頼する方が希望する職場が見つかる可能性が高くなります。最近は、多くの人材会社がありますが、おすすめはアソウ・ヒューマニーセンターです。福岡を拠点とする人材紹介会社なので、独自のネットワークも有しており求人も豊富です。無料で利用可能なので、まずは登録して非公開求人などチェックしみることから始めてみましょう。また、福岡の企業なので地元を知り尽くしており、今後生活をするうえでも有益な情報をたくさんもらえます。

http://tenshoku.ahc-net.co.jp/

夢は政治家!今は大手保険会社の営業マンの人生記録

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 夢は政治家!今は大手保険会社の営業マンの人生記録 All Rights Reserved.